方向音痴でも遠くに行ける。自転車で。

Pocket

方向音痴でも遠くに行ける。自転車で。

毛色の違うPostですが。

乗り始めたのです。これね。

Bianchi Cielo

誰かが初音ミク色っつった。ネギか。

チェレステカラーと言うそうな。「イタリアのマルゲリータ王妃の目の色をモチーフにした」「その年のミラノの空の色を見て現地の職人が色を調合する」(Wikipedia)とか、いいかげんなのにオサレなところがイタリアっぽい。なんかいろいろ許される感じで良いですの。

こんなおっさんに見初められなきゃ、すらっとした美人のお姉さんが座ってくれたかもしれないと思うと不憫で…うるさいわ…まぁその可能性は、入門機だし大いにあったわけで本当に不憫だ。

そんな不憫な子に乗ってあちらこちらに出かけるのです。が。

方向が分からない現代人であるため、

徒歩移動よりも自転車移動は被害甚大。なんせ気づいたら遠くにいるから。

私は渋谷—原宿間で迷ったことがある筋金入りの(方向音痴の師匠に悪いのでdel)方向音痴なのです。

そこで!強引にApp紹介!

現代人は自転車&iPhoneアプリで迷わず遠くへ

行けるのですよ。

まずこれですね。

自転車NAVITIME

AppStore

これの音声案内が良いのですよ。

リュックの肩ひもにケースを付けて、iPhoneを取り出さずにちゃりりんと行ける。

たまに横断歩道もない大通りを突っ切れ、と指示されますが。歩道橋があればCieloならひょいと持って渡れるし、まぁ問題無い。あるけど。

ナビ画面

あまり見ることはないかと。ちょっとだけ気をつける点があり、

  • バックグラウンドに回すと音声案内してくんない
  • ポケットモード(画面オフの音声のみ)でルートを外れると、ドキっとする音を鳴らすだけでリルートしてくれない
  • ほんとにドキドキする音だし。焦ったし。

取り出して選択してやらないと、止まったまま

住宅街などでは、GPSは割と正確にトラックしてくれるのですが。高架橋があったり高層ビル街や繁華街だと頻繁にこの状態になります。ポケットモードでなければ(自転車にマウントするなどして画面オンの状態で使うなら)リルートは自動でかかるのだけど。

そういった問題もあるけれど、決定的に間違った方へ誘導することもなく。

音声のみの案内で疾走して、いちいち画面を確認しなくてもいいのは本当に快適です。あとはブックマークができればなぁ。

もう一つ。

Cyclemeter GPS

AppStore

これも同時に使用中。カレンダーやらサイクルメータやら(オイ)色々機能がありますが、主に使っているのは次の機能。

  • 開始・終了等のタイミングでTwitter投稿
  • 使用中のカレンダーに、開始-終了時刻での予定として各種情報を書き込み
  • GoogleMapでの経路確認

 走った記録ですね。NAVITIMEは残せないから。

GoogleMap(GoogleEarthでも)で走った経路を確認しておけば、次は迷わず走れる…はず… たぶん。

自転車は楽しいねぇ。何が楽しいってメンテが(そっちか

乗ろう

方向音痴でも!


Pocket

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. せうぞー より:

    カッコイイバイクですね!

    「自転車NAVITIME」はひどいですよね… 思わずレビュー書いちゃいました。1.1.0で直ってるかもしれませんけれど。
    なんかもうナビ画面の自転車乗ってるアイコンが、もうちょっとなんとかならなかったのか、、、と^^
    こういう時、試用版があるといいのにと思います。

    Cyclemeter GPSはすごくいいです。
    バッテリも半日以上持ちます。

    enjoy!

  2. yamo より:

    ありがとうございます。めくったらせうぞーさんのレビュー見つけました(笑)
    現バージョンだと改善されてるっぽいですね。リルート問題はもうちょっとなんとかしてほしい…

コメント