印刷のいろは展2012

Pocket

印刷のいろは展2012

ウェルカム。

印刷のいろは展2012今年もまた行ってきましたよ。

過去の参加レポと、→それをネタに黒くしちゃったやつ

公式FaceBook:印刷のいろは展

2/3〜2/5(日曜日)まで。

今回もまた楽しめました。

ちょうど実演中

はぅう…かっこいい…

この機械、とてもメジャーな機種なのでYoutubeにもたくさん動いてる姿がアップされてます。

面白い動きが一番よく分かるのはこれかな。

インキローラーが外されてますが。

他にもHeidelberg Platenで検索するとたくさん出てきます(日本語でも出ます)動きにハァハァ(;´Д`)しませう。

四階では今回も各種印刷加工に触れられます。今回は中綴じで小冊子を作るまで。

言わずと知れた活版印刷機、テキン。今回は銀刷りです。

(クリックで拡大)差し入れている紙のところに3本のピン(赤・白)が見えますか。位置決めのために3点で止めます。

これが、針当たり。現在の印刷にも生きている言葉ですね。

次はシルク印刷で金刷り。細かい目で、実演に間が空くのもあり連続して刷れないので…

こうして裏から、溶剤で網目をクリーニングしてました。網目同じで盛る方法や、香料インキの話などいろいろ教えてもらえましたよ(^^)

次、熱転写で箔押し…

実は無理言って(笑) エンボス加工したものに凸版印刷、シルク印刷までやってその上に箔押し試してもらいました(;´Д`)

あほだねーw

無理言ったものの皆さんノリノリでやってくれたw ただ順番としては、箔押しは一番最後にした方が。あと活版の前に他のインキを乗せない方が、迷惑かけないかと思います…というか十分迷惑かけてますね(^^; 会場の皆様変なことしてすみません!

他には、折機の動きがよく分かる機械がありました。ここで表紙を折ります。

自分でハンドルを回して動かせるので、納得いくまでゆっくり回したりできます。

そして、

前回もありました。中綴じ機。製本ラインに入るものではなくて、手動で位置決めして一つずつ留める機械…現役…

古いけど現役の機械のツヤとかテクスチャがカッコイイ。

あとこんな展示とか

そして、これも面白かった!

heso(ヘソ)|トップページ

なんというおもしろいことを…w

Blog見ると「ゴマを刷る」なんてことを(笑) 今回のヒットは、hesoさんの福笑い展示かもしれないと思いました(^^;

紹介できているのはこれでもほーんの一部です。レコードジャケットやグーテンベルグ聖書のレプリカ等、半日はゆうに遊べる物量です。

2/5日日曜日まで。ぜひ体験、してきてください(^^) 下丸子側にコメダ珈琲もありますよー


Pocket

あわせて読みたい

コメント