CMYKラヴな方へのRGB補正のすすめ2(ダメ押し編)

Pocket

CMYKラヴな方へのRGB補正のすすめ2(ダメ押し編)CMYKラヴな方へのRGB補正のすすめの続きです。

ダメ押しにやってみる

この画像を色被りさせた、

この画像から色被りを取ります。

CMYKでやってみる。

デジカメのRGBデータを「いきなりCMYKにして補正しようとすると」こうなります。

実際にやってみてください。JapanColor2001Coatedにしたデータを用意しました。
sampleCMYK.zip
jpegですが、4C分解されています。正しく表示できないブラウザもあります。Photoshopで開いてください。

簡単な絵柄ですからまず試してみたくなるのが自動補正のスポイトですが、

うまくいかないと思います。スポイトだけではこの画像の色被りは取れません。

そこで、数値で合わせていきます。

無茶苦茶ですね。画像はこうなるはずです。

白と中間のグレーはなんとか合いましたが、他の色は無茶苦茶です。さらにマスクワークを使った色調補正が必要になってくるでしょう。

実にめんどくさい…

試しに色被りしていないRGBをCMYKに変換し、同じ色被り状態にした上で補正すると、ほぼ元の印象を復元できます。

つまりCMYK分解する際にこの回復不可能な劣化が起きているのです。

色被りした、色相が狂った状態で、AdobeRGBやsRGBからCMYKへ真面目に色域圧縮されてしまっているのです。本来グリーンからCMYK色域内のグリーンになるべき色等々が、青も緑も全て色被りのアンバー側、上図の右下側に固まってしまったため再現不可能な状態までトーンが減ってしまったのです。

つまり、色被りした状態でCMYK分解すれば、必ず必要以上に劣化します。

では、RGBで。

色被りしたRGBデータはこちら→sampleRGB.zip

RGBでやる場合は簡単です。

自動ツールを使ってもうまくいきますが、ここは数値でやってみましょう。前回と同じように、白地部分がRGB255/255/255になるように、また中央のグレーがRGB等量になるように各チャンネルのハイライト側コントロールポイントを動かします。

結果、こうなります。

各色の階調は減っているはずですが、単色のため分かりません。ほぼ元通りです。これをJapanColor2001Coatedにしても、

くすみはしますが、印象はほぼ保たれます。

結論

RGBデータは最後の最後まで変換せず補正しましょう。

WEBや写真の方は何を今更と思われるかもしれません。しかし印刷業界ではCMYKの、呪縛、と言ってしまいますが、これが非常に重いのです。入稿データを全てバッチで分解してから補正するようなフローも実際にまだありますし、CMYK値というわりと確実に手応えのある数値に慣れ親しんでいる故にそこから離れがたい雰囲気があったりします。これからでもいいから、みんなで幸せになろうよ!というエントリです。


Pocket

あわせて読みたい

コメント