Bumperは手がかかるねぇ

Pocket

Bumperは手がかかるねぇBumperに純正コネクタ以外がささりにくい問題、各所で既出ですが。見てるとBumperの方を削るっつー対処の方が多いみたい。

しかも失敗してる人もいたり。

BumperのDockコネクタ開口部を市販品に合わせて削るとなると、

左が市販品、厚み6.88mm 右は純正、5.7mm 差は1.18mm

Bumperは、ヘッドホン端子部分を除いてプラ枠で覆われていて、当然Dockコネクタ部分にもプラあります。しかし薄い。

0.65mmしかありません。

コネクタ部分を均等に削ると、0.057mmしか残らない。2枚重ねのティッシュをはがして1枚にした厚さ。要は無くなるっつーことですね。

Bumperのコネクタ奥側は補強されていて少し広めになっているし、外側を削っても奥側が残るのですが、削ると外側はほぼゴム部分のみ。こういう窪んだ形状の内側だけを、奥の薄いリブを残したままうまーく削るには…リュータで神経尖らせて削るんですな。うわ。めんどくせ。

ところが純正以外で繋げるもの、ワタシには一つしかありません。

MOVEONのPES-8800

これ一つあれば3日は保つとゆー。これ買ってから、充電池をいくつも(StickBooster2〜3本とか)持ち歩きとっかえひっかえする拷問から解放されました。

ということは、Bumper側を削らなくてもUSBコネクタ側を削ればいいわけで…

凹の内側を削るより凸の外の方がずっと楽に加工できるわけで…

というわけで削ってみた。

爪やすりで気長にね。 わぁーらーにまみれてよぉー

純正と同じ厚さに。

差し込んでも干渉しません。

当然これ一本では不安なので、近々同じ品を削る予定です。

巻き取り式USBケーブルって断線しやすいのよね。

他のアクセサリを繋げたくなったり、出先でヤスリがないときはBumper外せばいいだけのこと。

といってもだんだんBumperに馴染んできたので外すのはやだな…やっぱり背面が出ないとカコワルイすよ。

あと付け外ししてるとBumper緩んでくるし。


Pocket

あわせて読みたい

コメント