Photoshopグレースケール・印刷向けのグレースケール画像のつくりかた・ネタ編

Pocket

Photoshopグレースケール・印刷向けのグレースケール画像のつくりかた・ネタ編

箸休め・一発ネタ

ネタです。
ネタですよ?

グレースケール画像でよくあるのが、全体に暗かったりコントラストがおかしかったりするものです。大抵は、元画像に手を入れずに単純に「モード」→「グレースケール」にしてそのまま、というもの。

これが…

03

こんなんなってませんか。お姉さんがかわいそうです。

01

RGB画像を「イメージ」 →「モード」→「グレースケール」にしただけ。

02

ヒストグラムを見てもどうにもこうにも暗いですね。

で、お約束のお手軽一発補正です。CS5以降。

グレー変換のみのバッチ処理でやってるところがある…と聞いて…それならまだこっちの方が…という。

ただまぁ、色域広いところからグレーに落とし込むんだからあまりズレてはいない…結果がどうあれ…

06

RGBの段階で、HDRトーンを選択し、

07

「ヒストグラムを平均化」を選択してOK。

04

こうなったのを…「モード」→「グレー」にすると…

05

ちょっとはマシ。うん、ちょっとは。

プラス、レベル補正やトーンカーブで出力シャドウ側を25とかしとくといいんでないかな。シャドウ潰れるんで。

05-2

アクション登録してバッチ一発…で…

(え?アクションもめんどくさがってやらないっぽい?知らんわ!w)

HDRトーンはメニューから選択するとアクションに内容が登録されないので、スクリプトでやりましょう。プリセット中のスクリプトHDRToning.jsxを呼び出し…え、どうするの?

Adobe Community: CS5: Macro for HDR toning.. Bug?で先達が書いていてくれました。ちょっと改変して使いましょう。

二行目の

//@includepath "/c/Program Files/Adobe/Adobe Photoshop CS5/Required/"

のパスをマカーは

/Applications/Adobe Photoshop CS6/Adobe Photoshop CS6.app/Contents/Required/

に書き換え、ちょっと下12行目の

hdDesc.putInteger( kmethodStr, 3 );

の3を2に書き換えます。

(2はhistogram平均化。/Applications/Adobe Photoshop CS6/Presets/Scripts/Stack Scripts Only/StackSupport.jsx中に番号対応書いてあります)

保存してMacならアプリのあるフォルダ内→「Presets」→「Scripts」へ。これでアクションでダイアログ無しに使えるようになりました。

適合する画像では「何もしないよりはマシかも?」な結果が得られます…当然ですが、この方法を使ってどんな損害を受けても当方一切知りませんから。

(グレー化したものにはやる意味がありません。…ちなみに同じ色調補正メニューの一番下、「平均化(イコライズ)」は違いますよ!)

色調補正の一手法として使う、というのもアリですねん。Scriptでアクションに登録できるようになったことで、ちょっとだけ「試してみてもいいかも?」な手法になったかもしれません。たぶん。

 

真に受けてこれでバッチ処理するくらいなら、Colorgenius DCC-Fitなどの導入を検討した方が絶対に幸せになれますよきっと。

一発グレーというよりHDR関係のJavaScriptネタですね…そうしよう…


Pocket

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 顔写真は難しいですよねぇ
    地黒の人なんて、デフォルトのままで変換すると黒人になっちゃいますもん(某みの氏)
    あと、空もむずい
    きれいで晴れ渡った空模様なのに、グレー変換すると夜空にw

コメント