InDesign & Macの「フレーム枠を非表示/表示」を⌘+Hで!

Pocket

InDesign & Macの「フレーム枠を非表示/表示」を⌘+Hで!SS 2014-06-30 18.47.38

です。InDesign標準では、Control+Command+Hになっていますが、これをCommand+Hにしたい…

でも押すとInDesign消えちゃうし…

そんなときは、

KeyRemap4MacBookを使う

設定を追加して、InDesignを使っている時のみ、Command+Hを押すとControl+Command+Hになるようにしちゃえばよろしいのだ!

やりかたを、他のアプリに適用できるようにイチから書きますね。

『KeyRemap4MacBook – OS X用のソフトウェア』

まずはDLして、インストールしてください。

過去にも書いてますが、
Photoshop &Macの JISアルミ拡張キーボード遣いを幸せにする、KeyRemap4MacBookの設定ふたつ
トラックボールユーザに「超」お勧めの KeyRemap4MacBook

これDTPerには本当にお勧めします。何かとぶつかるようなこともほぼ全くないし(少なくとも経験してません)、プリセットにある「Command+Q、Q、と押さないとCommand+Qにならない」設定を使うためだけにでもインストールしておくと幸せになれます。

EventViewerを開く

インストールしたら、Preferencesの「Misc & Uninstall」タブから「Launch EventViewer」を押してEventViewerを開きます。

SS 2014-06-30 19.02.05

 

Appタブに移動しておき、一度InDesignを起動して全面に持ってきます。

SS 2014-06-30 19.04.02

そして赤枠の「com.adobe.InDesign」をメモっておきましょう。

これは何をしているかというと、InDesignのみ、という指定をするための「キーワード」を作らなきゃいけないからです。Photoshopはすでにキーワードがありますが、InDesign、Illustratorはないので、後で指定してやらなければいけません。その準備です

設定を書く

では、EventViewerは閉じてしまって、次はPreferencesから

SS 2014-06-30 19.03.02

Open private.xmlを押します。すると、

SS 2014-06-30 19.12.02

private.xmlのあるフォルダが開かれます。これをテキストエディタで開いて編集します。

▼このroot と /rootの間にアイテムを追加していきますよ。

SS 2014-06-30 19.13.43

では、InDesignのみ、という設定ができるようにキーワードを追加します。

以下を<root>と</root>の間の、最初のほうに追記してください。

<appdef>
<appname>INDESIGN</appname>
<equal>com.adobe.InDesign</equal>
</appdef>

<equal>タグ中に、EventViewerでメモした「com.adobe.InDesign」を入れます。

<appname>は呼び出すためのハンドルネームみたいなもんです。きちんと(他とかぶる危険性がないように)設定してください。AとかBとかじゃなく!

 

では、InDesignのみでCommand+Hを押したらControl+Command+Hになる、という設定を書いていきます。以下の<item></item>をまるごと、<root></root>内に追記してください(</appdef>のあとでOK)

<item>
<name>Indesign command_h to ctl_cmd_h</name>
<identifier>private.app_InDesign_Command_H</identifier>
<only>INDESIGN</only>
<autogen>
__KeyToKey__
KeyCode::H,ModifierFlag::COMMAND_L,
KeyCode::H,ModifierFlag::COMMAND_L | ModifierFlag::CONTROL_L
</autogen>
</item>

この設定で、

  • 左Command+Hは、InDesignではControl+Command+Hに
  • 右Command+Hは、通常動作(アプリを隠す)

になります。

最初の<name></name>内は、設定画面で出る説明文です。

次のidentifierは他の設定とかぶらないように、長い名前を付けておくとよいでしょう。

<only>タグで、最初に<appdef>で<appname>として設定したINDESIGNを呼び出し、InDesignのみで動作するキー動作になるようにしています。

<autogen>以降が実際のキー変換動作。これは

“private.xml Reference Manual” 『KeyRemap4MacBook – OS X用のソフトウェア』

に詳しく書かれていますから、ぜひ読んでみてくださいね。英語ですが。

設定をONにする

それでは編集したprivate.xmlを保存して、KeyRemap4MacBook(最新betaはkarabiner)の設定画面で、

「ReloadXML」を押してください。

xmlの文法に誤りがなければ、今作った設定が一番上に出てきますので、チェックを入れてオンにしましょう!

SS 2014-06-30 19.36.03

これで、InDesignがいきなり消えてあれっ!…ああ(チッ) なんて思いをしなくて済むようになりました!

おめでとうございます!おつかれさま!

文法が間違っている時はきちんとエラーメッセージを表示してくれるので、指示されてるところを直してください。

Illustratorでも

上記手順でイラストレータでも同じことができます。

これは、自分でやってみてください。

奥深いですよ!KeyRemap4MacBookはDTPerの救世主です。

ついき。

てか困+Hて需要あんのね…

@yamo74

やも♡アブラのレタッチ鰤☀ゲコリノフリー

とぼそっと言ってみたところ…

@ ですね。うちは「w」キーで用が済んでまつ…

@akatsuki_obana

あかつき

ああ!なるほど表示モードがトグルする!

SS 2014-07-01 9.20.30

さらに

@ ちなみに画面表示画質の切り替えも、オーバープリントプレビューで代用してます。これもトグルなので便利。

@akatsuki_obana

あかつき

あーこれも便利ねー!

 


Pocket

あわせて読みたい

コメント