MacBookPro13(Ealy 2015)の感圧タッチトラックパッドは地味にすごいぞ!

Pocket

MacBookPro13(Ealy 2015)の感圧タッチトラックパッドは地味にすごいぞ!MacBookのおこぼれで感圧タッチトラックパッドを装備したMBP13インチちゃんを買いました。

MBPRD13_Aperture_PRINT

なぜ薄くて軽くて新しモノなMacBookを買わなかったかと言うと、単純にあれじゃPhotoshop動かすの辛いだろう&USB一個で給電しつつ外部モニタやペンタブ繋げるようにすると+2万じゃきかないよね、という理由です。

結論として買って良かったよコレ。MBP15(mid2010)よりもずいぶん軽くなって助かってます。

で、例のトラックパッドは?

こいつね。

SS-2015-04-03-12.07.15

Apple-MacBook – デザイン

MacBookのはまだ触ってませんが、これ実に自然に「正統なアップデート」を果たした、という感じです。

沈む、沈まないで言うと少し沈みます。

0.2mmくらい…かなぁ。動画では、クリック、強クリック、最大に押し込み、を試しています。MacBookではさらに浅いんじゃないだろうか。

機械的に「クリック」感を作っているのではなくて、押し込み強さがある閾値を超えたらクリック感を演出する、という感じ。感圧は全面で同じようです。

このためトラックパッドのどこでクリックしても、同じ力でクリックできます。こんな小さいことですが、使い心地がもの凄く良くなっています。地味に。今までのトラックパッドでは上の方でクリックするには少し力が要りましたが、感圧タッチトラックパッドではそんなことがありません。

単語を強クリックで辞書引きできる、ファイルを強クリックでQuick Look、Safariのリンクを強プレスでプレビュー、などなど、すぐに慣れて便利に使えるようになりました。ここらへんをカスタムできるアプリも出てくるでしょうね。

設定が隠れている

トラックパッドの設定項目は…

スクリーンショット 2015-04-03 10.04.09-shadow-b2

今までは「タップでクリック」をオンにしていたんですが、この感圧タッチトラックパッドになってからはタップクリックはオフにしています(画像はオンになってますがw)

環境設定>トラックパッドだけでなく、環境設定>アクシビリティにもあります。結構重要なのが。

スクリーンショット 2015-04-03 10.04.42-shadow-b2

ダブルクリック間隔。位置的間隔じゃなくて時間方向ですね。これが初期状態だとかなり遅いダブルクリックでも認識してしまい操作感が悪いので速めにしておきます。

そしてトラックパッドオプションボタンで、

スクリーンショット 2015-04-03 10.04.51-shadow-b2

3本指ドラッグ・クリックロックの設定や、スクロール速さ・慣性スクロールの設定ができます。

アクセシビリティも触って自分好みにしておきましょう。

とにかくこのトラックパッドは「いい!」ですよ。古いトラックパッドには戻れません。


Pocket

コメント