2015年の「買って良かった」振り返り! カメラまわり・アップデート!

Pocket

2015年の「買って良かった」振り返り! カメラまわり・アップデート!買い物っていいよね…w

2015年中「までに」購入して「あ、これ結構いい!当たり!」だと思った写真まわりのモノをご紹介します。安いやつ!

 

ライティング機材

日吉の写真学校出てるけど、本業ではなく趣味で撮ります。なので安い機材大好き……

これがね、素晴らしい。クリップオンなのに、リチウム電池でチャージが超速い!フル発光でも1秒ちょい!色も悪くありません。発光量の調整がボタンでなくダイアルくるくるなのがとても良い。別売りの無線リモートトリガを付けると、シンクロケーブルを這い回さずにセッティングできます。超便利。

後で紹介する機材と合わせて、ヒトやモノ撮るのにもってこいです。マニュアルで良ければこれ、コスパ最強だと思いますよ。

TTL無しモデル。マニュアル専用です。TTL系は純正フラッシュ以外は信用しちゃダメ…

スレーブやリピート発光、モデリングなど(モデリングは無かった勘違い。でも40回60fps発光なんてこともできまっせ)必要な機能は付いてます。オートオフ機能がデフォルトでオンになっているので、Fnボタン長押し+ダイアル回してオフにしましょう

もっと大光量が必要ならこれ…いいよねこれ…

チューブの替えだけ持って行けば、現場でチューブがお亡くなりになっても大丈夫。これ写真バイト時代にあればよかったなぁ。当時は重いニッカド電池でな……

 

2016/07/04)

V850、アップデートしてV850IIになりました。

何が変わったかというと…

こういうのの受信機が内蔵されました! v850Vingでは外付けしないと行けないんですが、2.4GHz受信機内蔵で、より気軽にリモートフラッシュ&ハイスピードシンクロができます。

古い方でもこの受信機を使えばX1の2.4GHz受信できますよ。

GN60(最大ズーム時)のフラッシュにしてはかなり安いんですが、普通にいい光出します。お買い得。

crop_0008_スクリーンショット-2016-03-28-10.57.50.png

 

安い方。Neewerから3,500円程度と、超安いクリップオンストロボも出てます。こっちは買ってないけど、安く多灯ライティングしてみたい!って方にはいいかも。

 

丸レフのように折りたたんで収納できるソフトボックス。60cmと80cmがあります。場所に余裕があれば大きい方をお勧め。傘と違ってスタンド直付けだと、下向きに振れる角度に制限が出ますから、ロケで使うならヒトより小物や料理の撮影向けですね。

ディフューザーを内部に1枚、表に1枚マジックテープで固定し、全部付けたまま折りたためます。安いけど作りはそんなに悪くない。

 

白いアンブレラ。銀より柔らかい光で、人物撮影に最適です。テカリも抑えられるし、肌を滑らかに撮れますよ!骨も白いファイバーグラス製で、放射状の骨の模様が出にくい。作りはとてもしっかりしてます。

人物撮るなら150cmが欲しいところ…100cmだと顔写真くらいですかね。全身入れられる180cmもありますが、さすがにクリップオン1発だと厳しいので2つ、3つ付けられるアンブレラホルダが必要です。

スタンドはこれがいいかな…もっと軽いのもありますが、安くてそこそこ使えるし、2mいけて小さく畳めます。

アンブレラホルダ。Neewerソフトボックスに付いているホルダも使えますが、傘しか使わないならこっちの方が小さくていいです。

ソフトボックスで小物撮影する際に必要です。真上から当てたりね。

ただ、上で紹介してるソフトボックス+クリップオンストロボが限界。もう少し重い機材だとこの価格帯で支えられるブームはありません。高いんだよねしっかりしたブーム。んで重いから出すのがおっくう…w

ただの横棒に雲台付けて使う方法もあります。余ってたら試してみては。

これね、面白いですよ。この大きさのリング状の照明機材はこんな値段じゃ買えないし。

こんな写真が撮れます。

IMG_0432

きれいな丸いキャッチライトが瞳に入ります!

これ単体だと女性を撮るのは辛い気がするけど、補助として使ってみるといいかも。

ストラップとか

全然安くない…(;´Д`)

ニンジャストラップ38mmとC-Loopの組み合わせで使ってみて、一眼レフを持ち歩く際に「ぶらーんぶらん」するのを押さえながら歩くのがどれだけ疲れることなのか、に気づきましたよ。身体に沿わせてニンジャストラップでキュッと締め上げておけば、移動がもの凄くラクです。今体力ねぇからなぁ…

このストラップ太さが二種類ありますが、各種部品の作りも変わるので、一眼レフに使うなら丈夫な太い方を買いましょう。

C-Loopもかなり高いと思いますが、かなり丈夫な作りになってるし、三脚穴だけでカメラ固定するにはこれくらいのは必要なんだろうなぁ…と思って納得してます。いや正直この組み合わせって趣味カメラじゃ関係無いと思ってたんですよ。でもホントにラクになるんで、是非お勧めしたいです。

 


Pocket

あわせて読みたい

コメント