Photoshop CC 2015.5.1(8月版)アップデートリリース! 「選択とマスク」バグフィックスきました!

Pocket

Photoshop CC 2015.5.1(8月版)アップデートリリース! 「選択とマスク」バグフィックスきました!『Photoshop CC 2015.5アップデート・派手な新機能は公式に任せて、地味に有益な改善を見てみよう(そして今あるバグも) – やもめも』

でバグっぽい挙動として紹介した「塗りのあるレイヤー(ピクセルレイヤー)」以外を選択していないと、「選択とマスク」を選べない問題。

『Photoshop 2015.5のバグフィックスを待って一つ前のPhotoshopを使っているBridge遣いが、少しだけ楽できるスクリプト(Mac) – やもめも』

仕事で使っていたユーザには結構なストレスだった方も居たはず。でバージョン戻し&Bridge設定変更、なんてことを提案したりしたのですが、やっと修正されました。

8/9、2015.5.1アップデート・選択とマスク関連

2015.5では、ピクセルレイヤー以外を選択していると、「選択とマスク」がメニューもボタンもグレイアウトしてしまっていました。

スクリーンショット 2016-08-09 14.35.56

▲例えばトーンカーブを選択中は…

スクリーンショット 2016-08-09 14.36.12

▲メニューもボタンも選択できない。当然ショートカットキー効かない。

レイヤーマスクを「選択とマスク」で編集するには、環境設定>ツールで「レイヤーマスクをダブルクリックしたときに…」にチェックを入れておいて、レイヤーマスクサムネイルをダブクリしなければならなかった。辛い。

これが修正されました。

スクリーンショット 2016-08-09 14.36.22

調整レイヤー選択時にもちゃんとCmd(Ctrl)+Opt(Alt)+Rのショートカットが効く

さーらーにー

▼…なんか見覚えのあるダイアログが…

スクリーンショット2 2016-08-09 14.40.33

CC 2015までの「境界線を調整(マスクを調整)」ダイアログが戻ってきました。見つけづらい上に呼び出し辛いんですが、

「選択」メニュー>「選択とマスク」 をSHIFTキーを押しながら選択すると、これが出てきます。

(特に他には、メニュー選択時のモデファイでこれまでと違った挙動はなさげでした)

ショートカットキーはありません。呼び出しはメニューをSHIFTキー選択のみ。

ただし、

この旧ダイアログ、たぶん、おそらく、絶対、暫定措置だと思います。これまでも、修復ブラシアルゴリズムが変わったとき、最初はPSUserConfig.txtで、次に環境設定で旧アルゴリズムを選択できるようになった…という例や、もっと古いと「明るさ・コントラスト」の「従来方式を使用(CS2)」などはありますが、さて、このダイアログを「旧」として残すかどうか…

いつまで残るか(残してくれるか、またメニューで独立するのか)はまったく分かりません。で、たぶん「選択とマスク」の方が無くなる、ということはありません。ですので、旧ダイアログを前提としたフローを組まないように、やり方を変えていくのが前向きかな、と思います。

あともうちょっと

実はまだ「原理主義的には」不満があって。

非表示レイヤーを選択しているとグレイアウトします。

スクリーンショット 2016-08-09 14.36.03

本来、「選択と…」という選択範囲を調整する機能なのですから、選択範囲を作った状態(蟻の行進状態)であればレイヤー選択状態に関わらず起動しなきゃいけないのがスジですわな。選択範囲を調整したいのだから、レイヤー表示状態に左右されるのはおかしいの。2015ではできていたことです。

でも、Photoshopはそういった「暗黙の前提」が積み重なってきている訳で、これもお作法になるのかなぁ…とは思っていますが、今までできていたことができなくなるのは辛いなぁ。

「選択とマスク」は「良いもの」です。

まあ…私は基本的には歓迎です。何より「全レイヤーを対象」チェックがあるのがとても良い。精度や細かなバグはもう少しバージョン上がれば治ってくれるんじゃないかと思うし。

「Photoshopは業務用アプリである」「このソフトウェアで仕事してる連中がいる」

このことを忘れないようにして頂ければ……ね……


詳しくは公式発表を

『Photoshop CC 2015.5.1アップデート |Adobe Community』


Pocket

あわせて読みたい