東京・DTPの勉強会第2回 キーワードは「初心忘るべからず」

Pocket

東京・DTPの勉強会第2回 キーワードは「初心忘るべからず」東京・DTPの勉強会第2回に参加してきました。まぁ毎回座ってるんですが。

メインセッション1

まずあかねさん(ちくちく日記)のセッション。

環境構築と管理をどうやっているのかを披露してくださいましたが、驚くべきは管理のロジックの緻密さ。こうしてセッションで体系立てて説明して、ワタシ如きにも理解が得られるほどに完成されています。オライリー本が一冊書けます。表紙は猫。(表紙猫っていま無いですよね?)

とにかく、「管理してやる!」という勢いがたまらないセッションでした。

手法は非常に理論的で、徹底したクリーニングと識別を軸としてそれをどう維持管理していくかを、目的をダウンタイムと人員コストの最小化に置いて説明されてます。もう見事なまでにロジックにブレがありません。このセッションに立ち会えた人は幸せ者です。

録音停止マーカを挟んで(笑)赤裸々なもごもご、も紹介してくださいました(笑) FontBook、放置していたのでメンテしてやろうと思います(^^;

出力部隊の方が、複数バージョンのソフトウェアとその時代時代のフォント環境をセットで維持・管理し、何を使って切り替えていくかをこれだけ理論的に説明されたらひとたまりもなく落ちると思います。ぜひ本出してください(^^)

ショートセッション1

こうちゃん犬猫まみれ(長っw)さん(お仕事メモ帳)とやまさん(These are the days of my life / Win for DTP)の、両方ともに自動化Scriptの話ですがそれぞれにアプローチが違う。

やはり業務に合わせて最適化されるんですね。スクリプトありきではなく、まずフローありき。当たり前のことですが、工程を俯瞰できる知識と謙虚なScripterが組み合わさるとどれだけ強力になるのかを見せつけてくれました。

二人ともScriptの内容についてはさらっと流して、深く突っ込んでの説明は無し。それがかえってスクリプトを「組み合わせた」工程の紹介、という主題を強調していて、よかったと思います。スクリプトはあくまで手段だというこれも当たり前だけれども、勉強会では逆に見逃されやすいかもしれない主張。

「今ある環境を組み合わせる」これ重要ですね。現在利用可能な設備と知識で実はなんとかなるんだ、という。

メインセッション2

あさうすさん(実験る〜む)、RRRさん(What’s in DTP)、chalcedonyさん(chalcedonyの外部記憶装置・出張版

あさうすさんのMacへの愛憎(笑)、RRRさんの転向体験、ChalcedonyさんのしょんぼりWinラブ(?)と盛りだくさん(笑)

このセッションのキモは、怒られるかもしれませんが、最初に行った参加者の挙手です。実はWin使いや両刀多いじゃない、ということを見せ、大多数の参加者を安心させて会場に一体感をもたらしました(笑)

実際印刷屋で「Macしか使えません」では使い物になりません。Office入稿が来たら全てをWin上で処理するのが一番楽で確実です。またファイル名処理などのユーティリティはMacよりWinの方が優秀なものがあります。しかも顧客の多くはWin環境で親和性は高い。ですから元々が印刷屋な方々には今さらな話でもあります。

が、Mac信者が多いのもまた、印刷屋であります(笑)

今後、DTP始めたい人への環境構築アドバイスがMac一択ではなくなった(かも)という点でturning pointと言えるだろうと思います。Winへの偏見?を払拭した、かも。

なんだかんだ言ってお客さんのほとんどはWinでしょ?ってね。

ただ、印刷屋に限って言うとWinへの偏見はUIやMicrosoftに対するものではなく、入稿されるOfficeデータの作りのいい加減さと工程管理の雑さにあります。前に挙げたように印刷屋に就職するならばWinが使えないなんて言い訳は通りませんし、Win作成のデータ(Adobe)を拒否する理由は無いので。あくまで敵はOfficeアプリの向こうに居る「人」です。仲良くしなけりゃいけないのもその「人」だったりしますが。

えっとただ前振りとまとめがちょっとクドイぞよ(笑)

でも「DTP環境は生産設備だ」「生産設備なら将来を考えないと」「業務の手段なら考えないと」という主張は、この手の勉強会では初めて出てきたものだと思います。効率よく維持していくにはWinという選択「も」あるよ、と聞きました(^^;

ショートセッション2

横山裕治さん。彼はワタシといっしょにやってたおっさんAの部下でもあります。

これをシメに持ってくる構成はさすがとしか言いようがありません(笑) 名古屋でもショートセッションされたのですが、そのときにもワタシの隣に座っていた女性のハートをがっちり鷲づかみしておりました。今回も期待通り!

いろいろ知りすぎてスレてしまった印刷関係者の「初心」をざくざく、ぐりぐりとえぐった彼が、我々のこの沼へ汚れきって来る様を今後観察しましょうw

まとめ

環境の徹底したクリーニング(初期化)、そもそもMacだけじゃないでしょという問いかけ、身の回りにあるでしょという気づき、そして悪いオトナどもが忘れていた「初心」

今回の勉強会のキーワードはやっぱり「初心忘るべからず」


関連Link

実験る〜む串刺し面付けってなぁに?

実験る?む 第2回勉強会における補足説明

DTPの勉強会in東京 感想 – ちくちく日記

FontExplorerにも注意点はあるよ – ちくちく日記

DTPの勉強会 第2回に参加して来ました。 – たけうちとおるのスクリプトノート

あかつき@おばなのDTP稼業録 【DTPの勉強会 第2回】開催のお知らせ

あかつき@おばなのDTP稼業録 【DTPの勉強会 第2回】ありがとうございました

お話してきました。 – These are the days of my life

20101023東京勉強会関連 – These are the days of my life

お仕事メモ帳 しゃべってきたよ

東京のDTPの勉強会に参加しました|樫原工房

DTPの勉強会第2回@池尻大橋に行ってきた: Logicsystem : Elemental


Pocket

あわせて読みたい

コメント