いろは展にいってきた。ついでにコメダにも

Pocket

いろは展にいってきた。ついでにコメダにも印刷のいろは展に遊びに行ってきましたの巻。

各種印刷体験もよく考えられていて、とても「遊べる」企画でした。

ちょうど、清水金之助氏の彫金実演真っ最中

たっくさんの人にまじまじと見つめられ、質問され、ニコニコ答えていらした名人。仕事に入るとこの表情です。

この手。極めた人の米寿の手。

失礼な表現かと思いますが、尋常ならざる色気を感じました。あるいは、妖気

奥に入ると今やカッパン?の話では必ず出てくるプラテンが鎮座。隣にデルマックス、テキンと活字棚。どれも磨かれています。

あまり仕事臭がしなくなっていたのは残念。

他にもシール印刷機、大判平台インクジェット機など。

上階に上がると、いろいろな印刷でいろはカルタセットを作る体験コーナーが。

なんと箱に化粧するところからスタートします。

治具も使って、既に組み上がっている箱に化粧します。

でけた。わりとキレイ?

この箱にカルタを収めて回っていきます。

最初は凸版。

アダナよりテキンの方がカッチリした操作感で好きだな。これは銀刷りしています。

次はシルク。

手を添えているだけw

これも銀刷り。メッシュの孔にインキが吸い込まれるように転写する様が面白い。

他にも箔押しなど、実際に刷りや圧しをやらせてもらえます。

ただし当たり前ですが全てセッティング済。一番面白いのは調整作業だと思うのよね(^^; キカイを自分の力で追い込んで納得するまでの作業が一番大切かつ、アタマを刺激する楽しい時間なんだけど、こういう企画ではしょうがない、かー

念のため。この企画自体は、各社調整も含めかなーり練られたいい企画だと思います。

そしてこんなキカイも展示していました。

これはっ!

反応しましたね?

針金綴機!

まだ現役で規格外のもの他に重宝しているそうな。

この無骨なキカイと細身美人のデザっぽいお姉さんの組み合わせがなかなかシュールだと思ったのでした。

このキカイの、というかキカイ全般の恐さを知っている説明担当のオジサンの冷や汗っぷりもなかなか見物であったw

#そりゃ怖いよねー。ワタシだって電気来てる印刷機に素人近寄らせたくないよ。全ての挙動がアブナイし…

そんなこんなでこういうカルタができるのだ。

ワロタw

誰よこれ考えたの(^^;

頷き過ぎてムチウチになるわ!

そしてこの日の目的、津田編集長の机!もさわり放題!

デザインのひきだし編集長津田さんの机!

本当に触り放題。

圧したったw デザひきロゴ

いやはや、普段使いの机を展示しようなんて誰が考えたんだか。

面白すぎます。

どこまで「そのまま」か、なんて下衆なコト思わせるスキもない、見事な「そのまま」っぷりです。

津田さんは押し切られたのか?自分から?w

これだけでも十分満足しました。ヒトの机は面白い!

というかこの3日間+α、編集長は仕事できたんだろうか?

おまけ:多摩川で売ってたたまちゃんパン

会場近くにコメダ珈琲があります。シロノワール、プリンソフト、たっぷりアイスコーヒーで収穫品を検めるのもまた楽し。


Pocket

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. 2011/02/03

    […] いろは展にいってきた。ついでにコメダにも topsyWidgetPreload({ "url": "http%3A%2F%2Fyamo.xsrv.jp%2Farchives%2F682", "shorturl": "http://is.gd/hbUs2", "style": "small", "title": "黒いいろは展" }); Tweet […]

  2. 2011/07/11

    […] 以前お伝えした清水金之助さんの技をまた見られます。 […]

  3. 2011/07/14

    […] いろは展にいってきた。ついでにコメダにもガラス活字見せてもらったInfo. やも 印刷・猫・DTP・かえる、な人 Contact(mailform) / Twitter / Facebook RSS FEED TAG LISTiBooksStanzaScriptWindowsゼロックスInDes […]

コメント