夜泣きの雪豹さんの件(Sleep障害)

Pocket

夜泣きの雪豹さんの件(Sleep障害)

以前Tweetしたこれ。

寝てもすぐ起きる、乳幼児みたいなMacになってしまった…
@yamo74
やも@横浜市港北区

スリープしても、いつの間にか起きてloginwindowが夜中チカチカしているという…C級ホラーだねこりゃ。

MacBookPro15インチですが、10.6.6の頃から…かなぁ。もっと前だったかもしれない。

そこで何奴が夜泣きの原因なのか、コンソールでsystem.logを見てみます。寝かした時間より後、どいつがキックしてるのか。

itaf_d? …

…なんだっけw/local/binに居るってことはシステムに影響は無さそう。

とりあえずitafでぐぐる。

iTaf – New Generation Of Alarm Clock

こいつか…そういえば昔入れた、ような。しかもこんなこと書いてあるし…

Do not install/use start up item module on Snow Leopard this causes a power management issue?here is the steps to solve it if you’ve installed the module.

りょーかい。消してやろうじゃないか。
引用部分のリンク先から、どーやって消すかを見てみる。

(注意:以下の手順ではシステムにとって重要なフォルダへアクセスします。ご注意ください)


  1. アクティビティモニタを起動し、「itaf_d」を終了させる。
  2. システム環境設定のユーザを開き、起動項目から「itaf_user_daemon 」を消す(無かった)
  3. Finderウインドウを開き、Shift+Command+Gを押して「/Library/LaunchDaemons/」フォルダを開き、「com.diaroga.itaf_d.plist」を削除する。/Library/の部分は/ライブラリ/と表示されるかもしれない。(管理者パスワードが必要、以下アプリ削除以外全てで必要)
  4. 同じウインドウでShift+Command+Gで、「/Library/Preferences/SystemConfiguration/」フォルダを開き、「com.Apple_Autowake.plist」を削除する。これはシステム環境設定→省エネルギーのスケジュール内容なので、捨てた後は再度設定が必要。
  5. アプリケーションフォルダから「iTaf.app」を削除する。
  6. これはリンク先に書いてなかったけど、Shift+Command+Gで「/usr/local/bin/」フォルダを開き、「itaf_d」を削除する。
  7. 再起動

パス入力はめんどくさいけど、最初の3〜4文字を入力してTABキーを押すと補完されるよ。Terminal.appでやった方が簡単かもね。

 

他にも寝ない子になる原因はUSBデバイスであったり、TimeMachineであったりするらしいけれど、

…とりあえずウチの子は寝るようになった。めでたしめでたし。

ぐぐるとUSBデバイスが原因で不眠症になる場合も多いようで。system.logを見て一つずつチェックしていくのか…面倒だなぁ。

Winのようにデバイス毎に設定できればいいのに。


Pocket

あわせて読みたい

コメント