印刷系書籍でカラーハーフトーンフィルタは…

Pocket

印刷系書籍でカラーハーフトーンフィルタは…

印刷系誌でチントの表現にPhotoshopのカラーハーフトーンフィルタを使うのはどうなんかなぁ、という、

ちょっと細かいエントリ。

言いがかりのような。いや、言いがかりだそれは。

でも、違うでしょこれ。

こうでしょ。

コンタクトスクリーンを使ってもこうはならないはず…

参考)

ハーフトーンスクリーン – ハーフトーン処理とスキャン処理

網点の話(PDF)
 
Photoshopのハーフトーンフィルタは、エレメントを拡大縮小してるだけなんだよね…

もうちょっとだけリアルに

つくりかた。
さばちゃんおいで♡
 
  1. CMYK分解しま。
  2. 複製しま(全部で4つ)
  3. 各チャンネルを一つだけ選択して、「モード」→「モノクロ2階調」
  4. それぞれのチャンネルに角度を変えて適用
  5. 画像を全選択してコピー
  6. 新規ファイル(あるいはコピー元をモード変更)CMYKモードで作成
  7. 各チャンネルに作った画像をペースト
  8. 仕上げ(目的の解像度に戻す)
それぞれの詳細は後ほど…前のエントリと似てます。
こうして作ると、こうなる。
 
 
 

これが、フィルタでやると

 
 
違うよね。違うでしょ。これ。

詳細

モノクロ2階調時、計算がちょっと必要です。

まず、ルーラーを表示(コマンド+R)して、網点の数を決めましょう。

ここでは3個にします。

出力解像度を調整します。網点のフチがきれいになめらかになるように。

ここは、フェイクですから。後で希望する解像度に滑らかに縮小してやればいいんです。

計算式は以下。

(1インチ(cm)内に置きたい個数)×16×3〜4

16かけてるのは、16×16=256階調を出しましょうという、まぁお約束。出ないけど。(それにフェイクだし)

それに3以上をかければ結構滑らかな網点が出てきます。2だとちょっとジャギぃ。

と言うわけでここでは、3×16×3=144pixel/inchにします。cmの人は単位注意。

次のダイアログで、線数を3(前のダイアログと単位合わせること)、角度を15にします。

CMYKの振りは、

① C:75 M:45 Y:0 K:15

② C:75 M:15 Y:0 K:45

どれでもお好きなように。Yを水平垂直、MかKを45度にして他は45度に30度振ればいいです。

効果としての網点化だから、細かいこと言わない!

…とこのエントリ全否定w

そしてインスパイアこれだ。


Pocket

あわせて読みたい

コメント