カラーマネジメントの第一歩、環境光をオサレに安く整える!

Pocket

カラーマネジメントの第一歩、環境光をオサレに安く整える!ええ、ええ、オサレと言ってもEIZO風にですが。

カラーマネジメント?たけぇよ!

と思ってませんか。いやそうなんですが。

地道に整えよう

まずはカラマネ魔神のblogに飛んでください。分かりやすいです。

Uncontrollable Document東京DTPの勉強会第8回「カラーマネジメント」講師)

色の見え方: Uncontrollable Document

じっくり読みましたか。

環境光、大事ですね!

「ウチの三波長昼白色蛍光灯でも奇麗に見えるけど?」

いや、5000K、色調評価用、演色AAA光源と見比べてください。

まるっきり違います。そりゃもう驚くほどに違います。印刷所のオペレータはこの光源下で物を見てるんです。

なぜ一般的な光源下で評価しないか…印刷物には工業製品の側面があります(というか工業製品です) 評価に際し共通の環境でないと困るんですね…一般的光源や配布・掲示する場の光源での評価もしますが。

まずは環境光を整えて、印刷物を「工業的に正しく」見られるようにしましょうか!モニタ・測色機・部屋・環境光の中で一番安いし。

というわけで探すとこういうのがありました!

蛍光灯スタンドZ-208-EIZO | EIZO 株式会社ナナオ


販売価格(税込)¥14,800

…………
えっ…たかっ

( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

助けてあまぞんさーん!

「あいよー」

これと、

これ。5000K 演色AAA蛍光管

EIZOのと全く同じモノですw

合計:9,024円 一万円でカラマネ環境光が手に入る!

Zライト自体がちょい高めだし、20形スタータタイプが取り付けられる器具ならもっと安いのがあるかな…

でもデスクで使うならスタンド(アーム)型が良いですよ。動かすことで照度調整できます。

20形、ちょっと暗いし。ウチではZ-LIGHTの通常光、日立のスタンドに色調評価管の2本立ってます。

モニタや測色機が高くて手が出なくても、手元の印刷物を「工業的に正しく」評価できる環境があるよ、というだけでもかなり違います。基準を持てるっていいものです。

モニタも、測色機も、昔ほど「馬鹿」が付く高価格じゃなくなってきました。また紹介しようと思います。


Pocket

あわせて読みたい

コメント