PhotoshopCS3からアップグレードするユーザーはスポイトツールの仕様変更?で騙されないよう注意が必要

Pocket

PhotoshopCS3からアップグレードするユーザーはスポイトツールの仕様変更?で騙されないよう注意が必要20130620追記:タイトル変更しました。当エントリの不具合、というか「仕様」はCC版でも変わっていません。

スポイトの、というか調整レイヤーの扱いがCS3とCS4以降で大きく変わっています。

数値で補正していた方、CS4以降ではちょっと気をつけた方がいいかもしれません…もう数年経ってるし慣れちゃってるかもしれないけども。

下のようなレイヤー構成を作ります。

1

レベル補正調整レイヤーを下のようにしました。

2

トーンカーブレイヤーは二つとも調整無しです。

背景画像は下のもの。RGB 0/118/255のグレー。

4

調整画像は下のようになります。カラーサンプラを置きます。

3

…さて。

CS3ではどのレイヤーを選択していても、「最終的な調整結果」を数値として読むことができました。

CS4以降では…

l1

通常のレイヤー(空です)を選択中…最終的な調整結果の数値が出ています。

l2

最上位の調整レイヤー…「/」の右側、正しい数値です。

ここからです。

l3

数値は「現在の調整レイヤー」の内容を表しています。
最終調整結果の数値は、このレイヤーを選択している限りはどんなことをしても見られません。そのようなオプションはありません。

l4

上に同じ…

l5

背景レイヤー、または背景でなく通常のレイヤーを選択すると、「正しい」調整結果の数値が見られます。

…どうでしょう。よく考えると不便じゃないですか?

「/」で区切って、選択中の調整レイヤーの調整内容が表示されている…のは親切なのでしょう、きっと。

しかし、何枚も調整レイヤーを置いて補正するなんて普通にやってますよね…その際、中間に置いた調整レイヤーを微調整したいこと、あるはずですが…

最上部の調整レイヤーor最上部・最下部の通常レイヤーを選択していないと、CS4以降のPhotoshopでは「最終的な調整結果の数値」は分からないんです。

不便じゃないですか?

数値を見て判断してると、選択レイヤーによっては勘違いする可能性がある…かもしれない。

スポイトツールオプションのサンプル範囲で変わってくれると嬉しいんですが、

5 6

これが効くのは、カラーサンプラーとして色を拾う時だけです。これはちゃんと機能しているんですが。

「レイヤー1」を選択した状態で、

s1 s2

以上のような結果になります。これは期待される正しい動作です…

どうすりゃいいの

聞いてみました。

Adobe Community: スポイトツールの「すべてのレイヤー」が機能しない

答えは

「製品仕様上の動作であることが確認されました。」

…うん。

いや、フォーラム形式の報告にも慣れてきたし、返事が来るんで嬉しいです(本気)

しかし…どうだろう、次のアップデートでなんとかしてくれないかなぁ。いろんな補正の方法を考えて、人にお勧めしたくても

「選択してるレイヤーで数値が変わるので、Option+「.」やOption+「,」で最上部・最下部のレイヤーに移ってから数値確認して、また作業レイヤーに戻ってね♡」

って言うのは嫌だなぁ…よく考えると自分でやってても「あっそういえば」ってことあるし。慣れちゃったけどね…

いやぁこれね…バグというより設計上のでっかいミスのような気がするんだけど、どうかなぁ…

なんか移行する際にすごい忘れ物をしちゃったんじゃないかなぁ…????

ん〜…機能向上の恩恵は受けてるから強く言えない…

Adobeさんに提案

いろいろ考えたんですが…

スポイトオプションに

「統合」

ってチェックボックスを一つ設けて、それをチェックしていると情報パレットに最終調整結果の数値が反映されるよ、って機能追加はどうでしょうね?

いわゆるAdobe語ちっくな感じでよくない?「統合」

あ、なんか気に入ってきた。

もちろん、カラーサンプラーだけでなく他にも影響するようにして。

どうでしょうね?


Pocket

あわせて読みたい

コメント