PhotoshopでLightroomのような「白飛び・黒潰れ」のクリッピング警告を表示するTIPS&アクションファイル!(大幅アップデート

Pocket

PhotoshopでLightroomのような「白飛び・黒潰れ」のクリッピング警告を表示するTIPS&アクションファイル!(大幅アップデート2016/07/06アップデートしました。下の方までスクロール…!


写真補正するとき、白飛びや黒潰れをもっと簡単に確認したいなと思いませんか…

 

Lightroomさんだと、白飛びや黒潰れ部分に青や赤の色をつけて「ここ飛んでおる」「潰れておるぞ」と警告表示してくれます。便利。

スクリーンショット-2016-02-21-21.27.53

これをPhotoshopで簡単にやってしまいましょう。

Photoshopでクリッピング警告を表示させる

まずべた塗り調整レイヤーを乗せて…

スクリーンショット 2016-02-21 21.42.22-minishadow

色を真っ赤にしておきます。色はなんでもいいんですが、LRと合わせます。

スクリーンショット 2016-02-21 21.32.03-minishadow

べた塗り調整レイヤーをダブルクリックまたはレイヤーメニュー>レイヤースタイル>レイヤー効果を呼び出します。

スクリーンショット 2016-02-21 21.42.49-minishadow

ブレンド条件の「下になっているレイヤー」のシャドウスライダを右一杯まで持って行きます。

これがハイライト警告になります。

スクリーンショット-2016-02-21-21.32.47

 

シャドウ警告も同様に、真っ青なベタ塗りレイヤーにレイヤー効果を付け…

スクリーンショット-2016-02-21-21.35.53

ハイライトのスライダを左いっぱいに持って行きます。

この二つをグループにまとめて、オンオフしやすいようにしておきます。

スクリーンショット 2016-02-21 21.38.49

効果

スクリーンショット-2016-02-21-21.36.46

飛んでる!飛んでるよ!潰れてるし!でも見えない!

スクリーンショット-2016-02-21-21.36.462

見えた!!!

こちら、CMYKモードでも使えます。

CMYK用に、ハイライトクリップとTAC値(総インキ量)オーバーをリアルタイムで見られるアクションも作りました
便利かも?PhotoshopでTAC値オーバーをリアルタイムプレビュー!できるアクション


アクション化しておけばいろいろ捗るのではないでしょうか。
追記)アクション化しました。RGBモードとCMYKモードを判別するようにしました。実行する際は「RGB/CMYK判別」アクションを実行してください。

RGB/CMYK両対応 クリッピング警告とTAC値オーバー警告表示アクション http://d.pr/f/1bXd8

(うっかりオンにしたまま統合しないようにね!)

 


2016/07/06アップデート

 

やばげな%から早めに警告するように

5%以下がやばそう…とか、90%以上は潰れる…とか「完全に真っ白・真っ黒」になる前に把握しておきたい場合もありますね。

そんなときは、

スクリーンショット 2016-07-06 19.10.14

ブレンド条件の、反対側に持って行く方の三角をOption(Win:Alt)を押しながらドラッグして分解し、

255÷100×目標%(-255)の位置まで動かしておきます。そうすると…

20160706190658

完全に真っ白・真っ黒になる前のピクセルも徐々に染めてくれます! CMYKモードでもOK。

カーソルで触らないと正確に分からなかった数値がひとめで分かって高速化できますね!

クリッピング表示レイヤーを簡素化する

RGBモードのみ対応。レイヤーグループをまとめて、一枚の調整レイヤーにしてしまいます。

まず…

適当な画像を開いて、クリッピング表示レイヤーセットを乗せておきます。

スクリーンショット 2016-07-06 19.23.36

 

次に「ファイルメニュー」>「書き出し」から、「カラールックアップテーブル」を選択。

20160706190206

この「カラールックアップテーブル」は、ピクセルレイヤー以外の調整内容をまとめてLUTとしてファイルに書き出します。

 

20160706190421

「画質」を64、「フォーマット」を3DLにして、OK。

それほど精密さを求めないなら、「中」の32でもOKです。

このLUTファイル、画像ファイル内に埋め込まれますので、64にするとファイルサイズ3.7MBがそのまま足されますが、32にすればファイルサイズは463KBに激減します。

保存時にファイル名を決めます。

20160706190343

どこに保存しても呼び出せますが、Photoshopのプリセットフォルダに保存するのが簡単でいいでしょう。

Winなら「ユーザーフォルダ\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop CC\Presets\3DLUTs\」

Macは、アプリケーションのあるフォルダ内のPresets/3DLUTs/」内に、.lutファイルを入れます。

使うには

画像を開いて、「色調補正」パネルから「カラールックアップ」を乗せます。

スクリーンショット 2016-07-06 19.05.17

スクリーンショット 2016-07-06 19.35.28

「3D LUTを読み込み…」を選ぶとファイル選択ダイアログが出るので、保存したLUTファイルを選ぶか、

プリセットフォルダに入れているなら「3D LUTファイル」からプルダウンで選びます。

スクリーンショット 2016-07-06 19.05.32

すると、一枚の調整レイヤーだけでクリッピング警告表示ができるようになります!

20160706190658

RGBモードのみなのが惜しいところですが。メリットは「レイヤー構成をシンプルにする」…くらいですが、アクションでなく、仕事によって染める%を変えたLUTを作れるので、管理は楽かもしれません。

 


Pocket

あわせて読みたい

コメント