Photoshopパネルをツールに応じて切り替える、Workspace Switcherが超便利!狭い画面でも快適に!

Pocket

Photoshopパネルをツールに応じて切り替える、Workspace Switcherが超便利!狭い画面でも快適に!20161029231157

Photoshop用神!エクステンション、Workspace Switcher

『手抜きLab@DTPの現場』のten氏による超便利Extensionです。

これを使うと……

▼普段使いのパネルと、20161029_0221230000532

▼テキストツール使用時のパネルと、

20161029_0220440000990

▼パスツール使用時のパネル、などを

20161029_021907000024

ツールに応じて自動的に切り替えることができます!

ノートPCの狭いモニタでも、使用ツールに必要なパネルを常時展開できます。画面が狭いと、パネルってアイコン化していても結構邪魔なんですよね。いちいちクリックして展開するのも面倒だし。

つかいかた

CCの場合は…

Photoshopウインドウメニューから、「機能拡張をオンラインで参照…」を選択します。Adobe Add-onsページがブラウザで開きます。

(AdobeIDでのログインが必要です)

20161029221436

▼Photoshopカテゴリを検索し、Workspace Switcherを見つけてください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-23-18-15

▼詳細ページを開き、ボタンを押して取得。インストールされます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-23-20-12

 

インストールされていれば、Photoshop表示メニュー>エクステンション内にWorkspaceSwitcherが現れます。

▼選択すると、パネルが出てきます。パネルメニューのpreferenceを選ぶと、

20161029221509

▼ツールごとにワークスペースを指定する設定画面が出ます。

※分かりやすいようにアイコンを追加しておきました。

20161029120736

 

あらかじめ「ペンツール用」ワークスペースや「テキスト」ワークスペースを作っておいて割り当てれば、該当ツールに持ち替えたときに自動的にそのワークスペースに切り替わります!

パネルの配置って結構な労働ですから、先に、「レイヤーパネルだけ」などミニマムなワークスペースを作っておくと、構築がラクになります。

ちなみにワークスペースの「上書き」は、同じ名前を付けて保存するだけです。使いやすいようにどんどん変更しましょう。

※注意点:ワークスペースをカスタマイズする際には、Workspace Switcherはオフにしておきましょう。

 

切り替えもさくさくなのでノンストレス。画面が狭い環境では必須ですね!

 

Illustrator/InDesign版もあるよ!

こっちらで〜

『WorkspaceSwitcherのまとめ – 手抜きLab@DTPの現場』

特にIllustrator版は「爆速」です。常時出してるパネルの多いIllustrator/InDesignには必須となりそうですね。


Pocket

You may also like...